ページの先頭です

熱中症に注意しましょう

[2020年5月22日]

ID:1930

熱中症に気をつけましょう

 近年、地球温暖化の影響で池田町でも真夏は気温が35℃を越えるようになりました。今年も5月に入ってから気温が25℃を越える夏日になることが増え、急激な気温の上昇に体が慣れていないため熱中症が心配されます。また、新型コロナ感染拡大を予防するため、外出時にマスクを着用していることから、体温の上昇や脱水が起こりやすくなっています。

 熱中症とは、体温を平熱に保つため汗をかき、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)の減少や血液の流れが滞るなどして、体温が上昇して重要な臓器が高温にさらされたりすることにより発症する障害の総称です。高温環境下に長時間いたとき、あるいは、いた後の体調不良は熱中症の可能性があり、重症の場合は死に至ることもあります。下記の点について注意をし、大切な命を守りましょう。

1. 暑い日は決して無理をせず、適宜休憩をしましょう。特に暑い時間帯は外出をさけましょう。
2. こまめに水分補給をしましょう。日中だけでなく、入浴前後、就寝前や起床時などにも200cc程度の水分を補給しましょう。
3. 暑さが目でみてわかるように温度計や湿度計を設置し、室温28℃、湿度70%を越えないようエアコンをつけるなど温湿度
  管理や換気にも気をつけましょう。
 
詳しくは環境省が発行している熱中症予防のためのパンフレットをご覧ください。

熱中症予防のパンフレット(環境省)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

リーフレット 熱中症〜思い当たることはありませんか?〜(環境省)

組織内ジャンル

健康福祉課健康増進係

お問い合わせ

池田町(いけだまち)法人番号(9000020204811)健康福祉課健康増進係

電話: 0261-61-5000 ファクス: 0261-62-9441

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


熱中症に注意しましょうへの別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) town ikeda All Rights Reserved.