ページの先頭です

移住定住通信(令和2年~)

[2021年2月10日]

ID:1810

移住定住通信の令和2年以降の記事です。移住を検討されている方の参考に、町民の方にも池田町の再発見になっていただければ幸いです。

「あづみ野池田の暮らし方」

立春

【令和3年2月10日】
二十四節気の一番目「立春」、春の始まる日ということで暦の上では春が訪れましたね。池田町でも春のような陽気が数日あり、畑では初春に咲く花を見ることができました。でも、朝起きると一面雪景色の日もあったり..。今朝の気温はマイナス6℃、お天気は快晴。晴れる日はぐっと冷え込みが増します。まだまだ春は遠いですね。

令和3年2月6日
春の陽気
小さくて青い花が咲く
「オオイヌノフグリ」

令和3年2月6日
春の陽気
桜のつぼみはまだまだかたそう

令和3年2月8日
春の陽気の後の冬景色

令和3年2月9日
朝焼けの有明山

令和3年2月10日
朝焼けの常念岳~大天井岳

令和3年2月10日
初春の花 庭先に咲く「フクジュソウ」

大寒

【令和3年1月19日】
二十四節気のひとつ「大寒」の日。寒さが最も厳しくなるころ・一年で最も寒い時期、ということで朝の気温マイナス9℃、室温マイナス1℃でした。気温も室温も記録更新です。氷点下の世界は一言でいうと「痛い」です。これからが一番寒くなるんですよね。毎食にスープやお味噌汁、夜はお鍋やシチューなど暖かいメニューがかかせません。お天気は快晴で北は白馬まで、南は遠くの南アルプスまで見えました。

爺ヶ岳から白馬三山まで

遠くに北岳・仙丈ヶ岳が

雪景色

【令和3年1月8日】
2021年、今年も四季折々の風景や行事のこと等などお届けできればと思います。どうぞよろしくお願いいたします!
昨日は一日中強風が吹き荒れ、今朝は一面真っ白の池田町です。朝の気温マイナス6℃、室温1℃。石油ストーブと石油ファンヒーターをフル稼働して暖をとる日々が続いています。今日はお昼間でもマイナス2℃。冷え込みは厳しいですが、積雪量は平野部で2センチほどです。今冬はあとどれくらい、どんな雪景色を魅せてくれるのか楽しみです。

八幡神社の境内

クラフトパークからの眺望

花見(けみ)地区からの眺望

スキー場の様子

【令和2年12月24日】
今朝の気温マイナス3℃、室温2℃。朝晩の気温はマイナスが続いています。すこ~し体が慣れてきたかもしれません。寒いですけどね・・・。今日の北アルプスは久しぶりに白馬方面まで見えています。雲に隠れている間も雪が降っていたんでしょうね。白が増していました!ふと、スキー場はもうオープンしているのかな?と思い「白馬八方尾根スキー場」のHPを見てみたら"ほぼ全面滑走可"となっていました。びっくりです。昨シーズンは雪が少なかったので、スキー愛好家の方にとっては嬉しいことですねっ。池田町から白馬八方尾根スキー場までは、車で50分ほどで行くことができます。朝起きて、お天気を見てから日帰りで行ける。温泉にも入って帰ってこれるかも!

爺ヶ岳から白馬方面

蓮華岳

東山の朝焼けもきれいです

移住者の集い

【令和2年12月19日】
池田町へ移住した方(概ね10年以内の方)を対象に、移住者同士の交流と情報交換の場として「移住者の集い」を開催しました。これまでは移住を促す活動が中心で、移住後のフォローという取り組みは初めての試みでした。参加人数は16名(男性9名、女性7名)、定住アドバイザー4名で、内容としては、グループに分かれてトークタイム(入れ替え制)とハーバルヘルスケア(太極拳とオイルマッサージ)を実施しました。最後にアンケートをお願いしたのですが、みなさんとても満足していただいた様子がうかがえてとても嬉しかったです。特にトークタイムが短かったというご意見をたくさんいただきました!次回の反省点にしたいと思います。この「集い」を機に移住者同士の繋がりがもっと広がればいいなあ、と感じた時間でした。

会場

トークタイム

ハーバルヘルスについて

太極拳

ハーブオイルについて

オイルマッサージ

雪化粧

【令和2年12月17日】
今朝の気温マイナス4℃。昼間の気温1℃。今朝は池田町一面が雪化粧となりました。中心地では積雪2センチほどでしょうか。昼間は久しぶりに太陽が射し暖かく感じます。池田町は南北に長い地形ですが、最北端にある「正科(しょうじな)」地区は中心地より若干積雪量が多かったです。雪が降ったときに気になるのが道の除雪作業のこと。県道や町道(一部のみ)はおおむね10センチ以上で除雪車が入ってくれるとのこと。対象でない道や県道・町道へ出るまでの道は各自で除雪しないといけないので、一応スコップは購入しました!昨年は暖冬で2回ほど雪かきをしたくらいだと聞きましたが、今年はどうなるでしょうか。

クラフトパークから

正科地区

朝の小学校グラウンド

積雪2センチくらい

小雪舞う

【令和2年12月14日】
昼間の気温1℃。池田町では朝からのみぞれが雪に変わりました。東山の木々には雪が積もりきれいな景色が広がっています。標高の高い大峰高原は一面雪景色で、「大カエデ」も雪をまとい美しい姿を魅せてくれました。今夜から雪予報なので里の積雪が心配です。

東山の雪化粧

大峰高原の大カエデ

大峰高原の積雪

濃霧と青空

【令和2年12月7日】
朝の気温-1℃。室温は4℃。築50年ほどの借家なので家の冬対策(二重サッシなど)が弱く、室内はとても冷えます。早朝は濃い霧に覆われていました。朝晩の冷え込みと高瀬川も近いせいか、こちらでは早朝に濃い霧がたまに発生します。朝が早い通勤の方は気をつけないといけません。朝は濃霧で薄暗かったですが、昼間は快晴となり気温も8℃くらいまで上がり心地よい日和となりました。きれいな青空に白い雲、なんでもない風景なんですが、思わず写真をとりたくなる空でした。

高瀬川沿いの農道

豊町の農道

交流センターから見た空

車のこと

【令和2年12月1日】
朝の気温マイナス1℃。手袋をしていても指先が痛かったです!移住前(京都)は、交通の便が良かったのでペーパードライバーでしたが、移住を機に車を購入し車生活を始めました。池田町や近隣では、交通量は多くなく、2車線道路が少ない、スーパーなどの駐車場が広いのでなんとか運転できています!松本方面は交通量が増えるので緊張しますが…。寒冷地で車に乗り始めて、冬を前に車について耳にしたことを参考までに書いてみようと思います。

●タイヤ交換(ノーマルタイヤ→スタッドレスタイヤ)
 11 月に入るといつ交換しようかソワソワしますが、11月末までには交換しています。
 交換は、専門店やガソリンスタンドで。自分で交換する人も結構いますね。
●暖気運転
 朝晩冷え込んでくると、朝起きたら車の窓ガラスがガチガチに凍ります。 (車庫の中、屋根付きだと大丈夫かも)
 凍り具合にもよりますが、出かける前の10分から15分ほど前からエンジンをかけておきます。 
 (冬の朝はやることが増える...)
 職場が近い人は暖機している間に着いてしまうので、冬は徒歩通勤する人もいます。
●塩害
 冬季になると山間部や主要道路などに凍結防止剤が散布されます。
 塩分が使用されているので、特に車の下側に錆びが発生します。
 対策としては、こまめに洗車すること、錆び防止のコーティング処理もあるようです。

寒冷地では冬対策に費用や手間がかかりますが、それに変わる雪景色を楽しむことができるので良いかなと。

凍ったフロントガラス

爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳、白馬方面

朝焼けの有明山

暖房器具

【令和2年11月30日】
11月も今日で終わり、今年もあと一ヶ月となりました。今朝の気温は1℃。朝晩の冷え込みが増しています。暖房器具は電気ストーブと電気カーペットを持ってきましたが、これだけでは到底間に合わず、石油ストーブと石油ファンヒーターを買いに走りました!灯油を買いに行ったり、給油したりと手間はかかりますが、石油ストーブの火の灯りは見ているだけで暖かくなりますね。お湯を沸かしたり、お鍋を温めたり、焼き芋をしてみたり...といろいろと楽しんでいます。あとは、湯たんぽも買いまして、寝るときの必須アイテムです。京都出身ですが、底冷えといわれる寒さには慣れていたつもりが、比較にならないほどこちらの冬の寒さは応えています。(個人差はあると思いますが...) ぜひ、一度は体感してほしいです!

石油ストーブ(湯沸かし中)

有明山もうっすら雪化粧

毎朝凍る車

成就院の大イチョウと恐竜

【令和2年11月18日】
秋晴れが続いている池田町です。日中は18度くらいまで上がり、陽が差すとセーターでは汗ばむ陽気の中、広津の平出(ひらいで)地区にある成就院へ大イチョウを見に行ってきました。写真では見ていたのですが、実物はほんとに大きかった!そして陽に当たった姿はとても美しかったです。住職が葉の上に実が付く「お葉付きイチョウ」を見つけてくれました。希少だそうで、縁起がいいとか。敷地の奥にはなんと恐竜が!数年前にもらったそうで、プロトリケラトプスという恐竜らしいですが...。お寺では、第3日曜日の月1回、座禅と写経を開催しています。

午後2時ごろ逆光の姿

お葉付きイチョウ

お葉付きイチョウを探す住職と奥さま

通称「オテラノザウルス」(お寺にいるので...)

飾り窓から

午後3時ごろ西陽があたった姿

大カエデと中カエデ

【令和2年11月13日】
今朝は冷え込んで霧に覆われましたが、昼間は気温も上がり快晴となりました。里の紅葉が進む中、大峰高原の大カエデと中カエデの様子を見に行ってきました。大カエデは紅葉を終え落ち葉が広がり、中カエデは見頃を迎えていました。

落ち葉が広がる大カエデ

まるいフォルムの中カエデ

りんご畑

【令和2年11月9日】
池田町から見える北アルプスの山々では冠雪が始まっています。田んぼでは収穫・脱穀が終わり、来年に向けた秋起こしが始まりました。秋晴れのなか車を走らせていると、りんご畑で作業をしている人がいたので声をかけてみました。半在家という地区で30年ほどりんご栽培をされている「今溝農園」さん。お父さんと娘さんが葉摘みとたま回しの作業中でした。500~600本ほどある木を1本1本手作業で。りんご栽培の工程にはいろいろありますが、6月頃、開花した花を摘み取る摘果作業と、11月頃、実となったりんごに太陽をあてる葉摘みとたま回し作業が一番大変だと。実となるりんごは、開花した花の100分の1程度だと聞いて驚きました。ところで「りんごがボケる」という意味はわかりますか?りんごが柔らかくなったり、水分がなくなりボソボソしたものを「ボケる」というそうです。こちらでは硬くシャキシャキ感があるりんごが好まれます。私は柔らかいりんごを好んで食べていたので、今年はぜひ硬いりんごを食べてみたいと思います。

83歳のお父さん

農園からの眺望

1アールほどある畑

美味しそうな「サンふじ」

ユリノキ

【令和2年6月9日】
真夏日となりそうなお天気の中、クラフトパークへと行ってきました。6月2日大糸タイムスの記事に掲載さていた「ユリノキ」を見たくて。想像していたのは百合の花のように咲いているイメージだったのですが、実際見てびっくり!大きな木に咲いているのですね。ユリノキ=百合の木ということを知りました。ラベンダーもまだつぼみでしたが咲き始めています。

百合の木

チューリップのような花

つぼみのラベンダー

七色大カエデと大峰高原

【令和2年5月18日】
お天気は曇り空。季節は新緑を迎えました。ひと雨ごとに緑が生き生きとし濃く移り変わる様子は目を楽しませてくれます。(畑の草管理は大変ですが・・・) 秋は紅葉が美しい七色大カエデもきれいな緑を魅せてくれていました。回りには少しづつかわいいカモミールの花も咲き始めています。大峰高原ではツツジも咲き始め、ミツバチも大忙しです。

新緑の七色大カエデと菜の花

かわいいカモミールの花

大峰高原のツツジたち

田んぼと北アルプス

【令和2年5月11日】
お天気は五月晴れ。青空がとてもきれいだったので思わず車を止めて写真をパチリ。
池田町も田植えが始まりました。田んぼに水が入りあちらこちらで水面に写る北アルプスが。
この季節に魅せられるうっとりする光景です。

滝沢からの眺望

堀之内からの眺望

桜だより

【令和2年4月21日】
お天気は生憎の曇り空、でも暖かく感じる陽気の中、町内の桜は美しく咲いています。
先ずは陸郷の桜仙峡。山桜やソメイヨシノがあちこちで満開となり、道中は桜のトンネルをくぐり、展望台からの眺めは山肌がとても賑やかになっていました。もう少し空が青ければもっと素敵な写真が撮れたなあ...と思いながら、次に鵜山の桜並木。こちらももう満開。風が吹くとチラホラと花びらが舞い散っていました。

桜仙峡の桜(陸郷)

鵜山の桜並木

四神社 駐車場の桜(鵜山)

はじめての醤油搾り

【令和2年3月6日】
2月の連休最終日、娘の通う幼稚園の保護者の方に誘われ、生まれて初めて醤油搾り作業を見せていただきました。場所は大町市でしたが、搾り師の方は池田町の方!! 話しには聞いていましたが、お会いすることができて感動です。この貴重な体験、なんだか、ザ・田舎暮らし満喫って感じでいいですよね(笑)
今年からは、いよいよ我が家でも醤油造り体験スタートです!

なお、池田町地域おこし協力隊のFBでも、協力隊が日々の出来事・イベント等を投稿しています。
ぜひこちらをクリックしてご覧ください。

ようやく雪が積もりました

【令和2年1月28日】
今年は全国的な暖冬で、ここ池田町でも平野部ではまったく雪を見ることができませんでした。
本日、ようやくまとまった積雪がありました。
私のような移住者には、この景色に何とも言えない感動を覚えます。
(重い雪だったので、朝の雪かきは大変でしたが。。)
もう少し雪が降って、近場のスキー場に娘とソリをしに行きたいなぁと思うこの頃です。

お問い合わせ

池田町(いけだまち)法人番号(9000020204811)企画政策課移住定住促進係

電話: 0261-62-3129 ファクス: 0261-62-9404

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

企画政策課移住定住促進係

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) town ikeda All Rights Reserved.