ページの先頭です

地域おこし協力隊通信 No.48

[2019年2月18日]

ID:1351

地域おこし協力隊通信 No.48

「桑ひろつ」始動! 「蚕のまゆでランプシェードづくり」

担当 産業振興課 森本健太郎

 多様なハーブを楽しめるのが池田町の魅力ですが、特に代表する3種のハーブ
「ラベンダー・カモミール・桑」のうち、今回は桑を活用した新たなプロジェクトを紹介します。

◆「桑ひろつ」とは?

 養蚕が盛んだった池田町。
 かつて山間部には美しい桑畑が広がっていました。
 時代は流れ、養蚕は衰退。桑農家は徐々に減り、桑畑は荒廃する一方です。
 
 そんな中、昨年 10 月に山﨑嘉政(やまざきよしまさ)さん(菅の田)を中心に
総勢15人のメンバーが結集し、

「美しい桑畑が広がる景観を子どもたちに残したい」
→「でも、再生だけじゃ管理できず、衰退していくだけ」
→「継続できる仕組みと人が必要だよね」
→「そのために、新しい活用法を見出すフィールドとしてハーブ園と桑畑を融合させた新しい
観光拠点を作ろうじゃないか」

と立ち上がったのが「桑ひろつ」です。

 今後、ハーバルヘルスツーリズムの拠点としての活用や、養蚕や桑茶づくりの
体験型観光のコンテンツ充実などに取り組んでいきます。

◆蚕のまゆでランプシェードづくり

 昨年12月、信州大学繊維学部名誉教授の金勝廉介(かねかつれんすけ)先生を講師に、
親子で楽しめるクラフト教室を開催しました。

 40人の親子が参加され、熱い湯に浸したお蚕さまの「まゆ」から絹糸を取り出し、
直接風船に巻きつけてランプシェードを形づくりました。

 糸の先端を探すのが難しかったですが、夢中で作業を楽しんでいました。
 今後も楽しい取り組みをしていきますので楽しみにしていてください。

みんな糸巻きに夢中!

いい仕事してますねぇ

お問い合わせ

池田町役場(いけだまちやくば)法人番号(9000020204811)企画政策課地域おこし協力隊

電話: 0261-62-3129 ファクス: 0261-62-9404

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

組織内ジャンル

企画政策課地域おこし協力隊


地域おこし協力隊通信 No.48への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) town ikeda All Rights Reserved.