ページの先頭です

ごみの減量と分別のお願い

[2020年7月1日]

ID:958

ごみ減量と分別について

池田町から排出されるごみの量について

池田町の燃えるごみの排出量は年々減少の傾向にはありますが、住民一人当たりでみるとほぼ横ばいの状況となっています。

燃えるごみ排出量の推移
年度
平成27年度平成28年度平成29年度平成30年度令和元年度
排出量
1,435トン1,416トン
1404トン1376トン1391トン
前年比 30トン△19トン
△12トン
△28トン15トン
一人当たり 139.0kg
138.7kg
139.0kg137.9kg142.0kg

リサイクルできる物(資源物)を燃えるごみの中に入れないようにしましょう。

燃えるごみの袋を無作為に10袋回収し調べたところ、紙やプラスチック類が53%、生ごみが26%、選定した木の枝などが17%、その他の物が4%という割合で、燃えるごみの中に資源物である紙類やプラスチック類が多く含まれている事がわかりました。

燃えるごみはまだまだ減らせます

リサイクルできる紙類プラスチック類を正しく分別し、たくさんの水分を含む生ごみ剪定枝を減らすことが、燃えるごみの減量・コスト(処理費用)削減につながります。

(1)紙ごみを減らすため、雑がみを分別してリサイクルしましょう。
(2)プラマーク、紙マークの付いたものは分別して出しましょう。
(3)生ごみは水切りを十分してから出し、生ごみ処理機やコンポストも有効に活用しましょう。
(4)剪定枝は粗大ごみ回収日と同日に行うチップ化事業を利用しましょう。

リサイクルマークプラ
リサイクルマーク紙
リサイクルマークペット
リサイクルマーク鉄
リサイクルマークアルミ
リサイクルマーク紙パック

燃えるごみを減らそう

雑がみの分別について

長野県ホームページ

信州ごみげんねっとリンク

資源ごみについて

資源ごみのうち、段ボール、新聞、雑誌、アルミ缶、ペットボトル、紙パック、古着、スチール缶は有償として回収され、町の収入になります。ごみ処理の経費を減らすためにも、必ず分別をして指定の日に出してください。

リサイクルごみの現状

財団法人日本容器リサイクル協会のホームページで、池田町で分別収集された資源が、どこの会社でリサイクルされ最終的に何に生まれ変わっているのかが分かります。
「池田町」を検索しご利用ください。
財団法人日本容器リサイクル協会「わたしのまちのリサイクル」(別ウインドウで開く)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) town ikeda All Rights Reserved.