ページの先頭です

消費生活相談

[2018年3月22日]

ID:411

大町市消費生活センターにご相談ください

池田町にお住まいの方は、大町市消費生活センターを利用することができます。
相談は無料で、秘密は固く守られますので、一人で悩まず、お気軽にご相談ください。
なお、個人と事業者間に関する相談に限ります。

大町市消費生活センター

電話:0261-26-3225

受付場所:大町市役所1階4番窓口(電話での相談も可能です)
受付日:月曜日から金曜日(祝日と12月29日から1月3日を除く)
受付時間:午前8時30分から午後5時15分まで
相談できる内容:商品やサービスを購入・消費した際に疑問や不安があればご利用ください。
持ち物:領収書、契約書、事業者の連絡先など契約や相談に関する書類一式をお持ちください。

相談例

相談例(1)通信サービスに関する契約

インターネットなどの通信料が安くなると電話で勧誘され、今よりも安くなるならと内容をよく確認しないまま契約をした。
後日契約内容の明細が届いたので確認したところ、頼んだつもりのない有料オプションが付けてあり、以前よりも高額の支払いになってしまった。
あわてて解約しようとしたところ、高額な違約金を請求された。

相談例(2)買え買え詐欺

ある日突然、自宅に老人ホームの入居権利についての書類が届いた。
身に覚えがないのでそのまま放置していたが、数日後知らない男性から「老人ホームの入居権利に関する書類が届いていないか。入居したいという人から相談をされているが、案内が届いた人しか申し込むことができないので、その人の代わりに申し込んでほしい。あとで申し込み代金に手数料をつけて支払う」と電話があった。
困っている人の助けになるし、手数料ももらえるならと申し込んだところ、いつまでたっても約束のお金が入金されなかった。男性に電話したところ、弁護士と名乗る別の男性が電話に出て「あなたのしたことはインサイダー取引の犯罪行為にあたる。警察に捕まりたくなければ黙っていた方がいい」と脅された。

相談例(3)強引な訪問販売

日中一人で自宅にいたところ、訪ねてきた業者に「屋根が壊れている。雨漏りなどの大きな被害が起こる前に直した方がいい。すぐに契約を」と言われ、驚いてその場で契約してしまった。
夜、家族にその話をしたところ、屋根のどこの部分が壊れているのかの確認や、きちんと見積もりを取るなどしてから契約をすべきだと言われたので、この契約を解約をしたい。どうすればいいか。

相談例(4)強引な訪問買取

ある日突然「使っていない貴金属や切手があれば見せてくれ。買い取る」という業者が家に来た。
「家にはいらない貴金属はない」と断ったが、玄関先に居座りなかなか帰ろうとしなかったため、怖くなり、仕方なく思い出の指輪やネックレスなどを見せたところ「デザインが時代遅れでみっともない」「留め金が壊れているのだから使わないだろう」と安値で強引に買い取って行った。
お金を返して、思い出の品を取り戻したい。

リンク


消費生活相談への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) town ikeda All Rights Reserved.