ページの先頭です

予防接種

[2016年10月13日]

ID:288

予防接種について

■池田町では定期の予防接種として、以下のワクチンについて接種をお勧めしています。

 (1)乳幼児及び小学生、中学生への集団接種及び個別接種 (個人負担無し)

 (2)高齢者への個別接種 (個人負担有り)

集団予防接種(該当者にはハガキ等でご連絡します)

接種会場:池田町保健センター

受付時間:午後0時45分~1時15分

持ち物:予診票、母子手帳

乳幼児の予防接種(集団)

予防接種名

対象児

BCG(結核)

◆生後3~6か月の間に1回接種

四種混合
(ジフテリア、百日せき、破傷風、ポリオ)

◆初回→生後3~12か月の間に、20日以上の間隔で3回接種
◆追加→上記3回が終了し、12~18か月経過した後に1回接種

二種混合
(ジフテリア、破傷風)

◆四種混合接種の第2期として実施します。

 対象年齢は小学校6年生(11、12歳)です。

M R 混合
(麻しん風しん)

◆第1期→生後12~24か月の間に1回接種
◆第2期(追加)→就学前1年間(保育園年長児)に1回接種

水痘(水ぼうそう)

◆生後12~36か月の間に、3か月以上の間隔を空けて2回接種

日本脳炎

◆初回→満3歳~年度末に4歳になる者(保育園年少)に1回接種
◆追加→満4歳~年度末に5歳になる者(保育園年中)に1回接種

◆第2期→満9歳(小学校4年生)

日本脳炎

【特例措置】

平成17年の積極的な勧奨の差し控えにより、接種を受けられなかったお子さんへの接種機会の確保については、次の通りです。
 ※予防接種は集団接種で行います。該当者へは随時通知いたします。


●第1期<対象期間:3歳以上20歳未満>
 ・過去に1~2回接種を受けたお子さんは、1期(初回2回、追加1回)の不足分(1~2回)を、6日以上の間隔をおいて接種できます。
  ・1期の接種を全く受けていない場合は、6日以上28日までの間隔をおいて1期初回(2回)を接種し、1年後に1期追加(1回)を接種できます。

 ●第2期<対象期間:20歳未満>
・第1期(3回)の接種が完了している場合も、第1期終了後概ね5年の間隔をおいて1回接種できます。(今年度は、18歳になる方を対象に集団接種を行います)

個別予防接種(個別の医療機関で接種を受けていただきます)

小児用肺炎球菌

対象年齢:接種日現在で生後2ヶ月~4歳(5歳になる前日)まで

※接種を開始する年齢で接種回数が変わってきます。下記の表を参考に、医療機関と相談してください。

小児用肺炎球菌(個別接種)

接種開始年齢

接種回数

生後2~6か月

 4回接種(皮下に接種)
 ・初回免疫:27日以上の間隔で3回接種(生後12か月までに完了)
 ・追加免疫:3回目接種から60日以上あけて接種(生後12~15か月まで)

生後7~11ヶ月

 3回接種(皮下に接種)
 ・初回免疫:27日以上の間隔で 2回目を接種
 ・追加免疫:2回目接種から60日以上あけて接種

1歳

 2回接種(皮下に接種)
 ・初回接種から60日以上の間隔で2回目を接種

2歳~4歳

 1回接種(皮下に接種)

Hib(ヘモフィルス・インフルエンザ菌b型)

対象年齢:接種日現在で生後2ヶ月~4歳(5歳になる前日)まで

※接種を開始する年齢で接種回数が変わってきます。下記の表を参考に、医療機関と相談してください。

Hib(ヒブ)個別接種

接種開始年齢

接種回数

生後2~6か月

 4回接種(皮下に接種) 
 ・初回免疫:27日(医師が認める場合は20日)~56日の間隔で3回接種
 ・追加免疫:3回目接種から7~13か月後に接種

生後7~11ヶ月

 3回接種(皮下に接種)
 ・初回免疫:27日(医師が認める場合は20日)~56日の間隔で2回接種
 ・追加免疫:2回目接種から7~13か月後に接種

1歳~4歳

 1回接種(皮下に接種)

B型肝炎ワクチン

※平成28年10月より制度開始になりました。

B型肝炎(個別接種)

予防接種名

対象児

B型肝炎

 ◆生後2~12か月の間に、3か月以上の間隔を空けて3回接種

 ◆1回目と2回目の間隔は27日以上、2回目と3回目の間隔は6日以上空けること。

   また、1回目と3回目の間隔は139日以上空けること。

 (※平成28年4月1日以降に生まれた方が対象です)

子宮頸がんワクチン

◇子宮頸がんワクチンの定期接種については、現在「積極的な接種勧奨の差し控え」を行っています

◆接種対象年齢(13歳~16歳)の女性で、接種希望される方は、接種条件や副反応について了承いただき、かかりつけ医にご相談したうえで受けていただくことができます(詳しくは担当係までお尋ねください)

◆制度の詳しくは下記リンク先をご確認ください

■子宮頸がん予防ワクチンQ&A(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/qa_shikyukeigan_vaccine.html(別ウインドウで開く)
■子宮頸がん予防ワクチン接種の「積極的な接種勧奨の差し控え」について(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/qa_hpv.html(別ウインドウで開く)


◇子宮頸がん予防ワクチン接種により発生した健康被害については、以下の窓口で受け付けをしています。

 (1)子宮頸がん予防ワクチン健康被害の補償について(平成24年度以前に接種した者)
■医薬品副作用被害救済制度(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)
https://www.pmda.go.jp/relief-services/adr-sufferers/0001.html(別ウインドウで開く)

 (2)子宮頸がん予防ワクチン健康被害の補償について(平成25年度以降に接種した者)
■予防接種健康被害救済制度(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou20/kenkouhigai_kyusai/(別ウインドウで開く)

高齢者用肺炎球菌予防接種について

その年の4月2日から、翌年の4月1日の間に、65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳の誕生火を迎える方を対象に、高齢者肺炎球菌ワクチンの接種をお勧めしています。

対象となる方には、毎年6月に接種予診票等の書類をお送りしています。

内容を確認し、かかりつけの医療機関と相談の上で接種を受けてください。

【接種費用】 2,000円 (接種した医療機関でお支払いください

接種回数】 1回 のみ

平成28年度高齢者肺炎球菌予防接種

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

冬季インフルエンザ予防接種について

季節性インフルエンザの予防接種に対する補助制度を以下の通り実施しています。

 ◆高齢者インフルエンザ予防接種補助

  • 対象者:65歳以上の高齢者の方
  • 対象医療機関:池田町内の医療機関及び追分クリニック(安曇野市)にて受診できます。
  • 受診料:1,000円
  • 接種期間:毎年10月1日~翌年1月31日まで


 ◆乳幼児インフルエンザ補助

  • 対象者:0歳~保育園年長児
  • 対象医療機関:池田町内の医療機関及び追分クリニック(安曇野市)にて受診できます。
  • 受診費用:医療機関窓口で接種料金全額をお支払いただいた後、接種控え・領収書を福祉課にご提出ください。
    お子様お一人あたり1,000円を補助させていただきます。
  • 接種期間:毎年10月1日~翌年1月31日まで

お問い合わせ

池田町役場(いけだまちやくば)法人番号(9000020204811)福祉課保健係

電話: 0261-61-5000 ファクス: 0261-62-9441

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

福祉課保健係

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) town ikeda All Rights Reserved.