ページの先頭です

障害支援

[2017年1月13日]

ID:128

障害者や介護をされている皆さんを支援するサービス

身体障害者手帳、療育手帳の交付を受ける

  • 身体に障害(身体障害、知的障害、精神障害)を持つ方が援助や、各種制度の便宜を受ける際に必要となります。
  • 各種年金、手当が支給されます。
    障害基礎年金、障害厚生年金、特別児童扶養手当、児童扶養手当、障害児手当、特別障害者手当等
  • 税金の控除や減免制度が受けられます。
    所得税控除、県民税、町民税、相続税の控除、自動車税の減免 等
  • 鉄道運賃、バス運賃、タクシー運賃、航空旅客運賃、有料道路の割引

各種福祉サービスの提供が受けられます。

障がい者福祉制度のあらまし

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

障がいがある方に関係する福祉制度の主な内容を紹介した冊子です。身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を発行する際配布します。既に、各種手帳をお持ちの方もご希望があればお渡しします。お手数ですがやすらぎの郷までご来館くださるか、来館が困難な方はお問い合せください。

就労支援

  • 池田町福祉企業センター 電話:62-2272

平成25年度池田町障害者就労施設等からの物品等の調達の推進を図るための方針

・平成27年度調達実績(準備中)

障がい者虐待防止センターが設置されました

障害者虐待防止法が平成24年10月1日から施行されたことにより、障がいのある方への虐待に対して法的な措置を取ることができるようになりました。

そこで町では障害者の虐待に関する通報や相談の窓口として、総合福祉センターやすらぎの郷内に「池田町障がい者虐待防止センター」を設置しました。詳しくは以下の「障がい者虐待防止センター設置のお知らせ」をご覧ください。

問い合せ先 福祉課 電話:0261-61-5000

大北圏域障害者総合支援センター(スクラム・ネット)

大北圏域障害者総合支援センターは身体、知的、精神の3障害の相談をワンストップで対応できる、利用者の使いやすい総合相談窓口です。費用は、県や大北の市町村が負担しています。

※月に一回程度、池田町総合福祉センターで出張相談が行われています。

日程等詳しくは福祉課電話:61-5000まで問い合わせてください。

どこにあるの?

  • 大町市総合福祉センター(大町市東町1129番地)2階に事務所があります。

何をするところ?

  • 障害をお持ちの方やそのご家族、介護者等からの相談に応じ、必要な支援や情報提供を行ないます。また、外出講座や講演会・勉強会の開催、当事者グループ・家族会等への活動支援、関係者のネットワークづくりなどを行ないます。

誰が相談にのってくれるの?

  • 身体障害、知的障害、精神障害、障害児、発達障害等に関して専門の知識を有する各相談支援専門員(コーディネーター)と就業支援ワーカー、生活支援ワーカー、生活相談員が対応致しますので、どうぞお気軽にご相談ください。

どうやって相談すればいいの?

  • 事務所にお越し頂くか電話やメールでも受け付けます。
    お住まいや学校、就労先等への訪問、各町村役場等へ出向いての出張相談も行ないますのでご利用ください。

時間はいつでもいいの?

  • 通常は、月曜日から金曜日の8時30分から午後5時30分までです。
    事情により時間外の相談を希望される方はあらかじめご連絡をお願いします。

その他

  • 相談は無料です。
  • 個人情報(プライバシー)の保護を厳守します。

連絡先・・・

障害福祉の専門家が、皆さんのお問い合わせをお待ちしています。

ハートプラスの会

「ハート・プラス・マーク」は、内部障害・内部疾患のある方が自発的に表示し、周囲の理解を求めるためのマークとして作られました。

内部障害のある方は、外見からは分からないため、さまざまな誤解を受けることがあります。

このマークを見かけたら、身体内部に障害があることを理解し、何か困っていたら、手助けをしてあげてください。

○内部障害とは、身体障害者手帳をお持ちの方のうち、心臓、腎臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸及び免疫の機能障害のことをいいます。

○内部疾患とは、身体障害者手帳を受けられない難病や、その他多くの内臓機能疾患のことをいいます。
詳しくは、 「ハート・プラスの会」(http://www.normanet.ne.jp/~h-plus/(別ウインドウで開く))のホームページをご覧ください。

総合福祉センター2階の多目的トイレにオストメイト対応トイレを設置しました

総合福祉センター2階の多目的トイレにこのほど、オストメイト対応トイレを設置しました。

オストメイトとは、直腸やぼうこうなどを治療するために、手術によって腹部へ人工肛門や人工ぼうこうの排せつ口(ストーマ)を造設した人をいいます。

オストメイトの人は括約筋がないため、便意や尿意を感じたり、がまんすることができません。そのため、ストーマから出る便や尿を受ける袋(パウチ)を腹部等に装着しています。パウチにたまった排せつ物を一定時間ごとに捨てなければなりません。そのときにパウチや腹部も洗浄する必要があります。この処理を容易にし、安心してご利用いただくための設備です。

【問い合わせ先】福祉課福祉係 電話:61-5000

池田町障害者計画・池田町障害福祉計画

 町では、「池田町障害福祉計画」を平成12 年度から16 年度まで5か年計画として策定し、障害者施策を推進してきました。期間計画中に、障害者施策は大きな変革期を迎え、障がいのある人を取り巻く状況は変化しています。
 そのため、「障害者基本法」に基づき、障がい者のための施策に関する基本的な計画「池田町障害者計画」と、障害者総合支援法に基づく障害福祉サービスおよび相談支援ならびに地域生活支援事業の必要量を的確に見込むとともに必要見込み量の確保のための方策を定め、サービス提供体制の計画的な整備に関する「池田町障害福祉計画」を一本化して策定し、障害者施策の一層の推進を図ります。

 この計画は、障害者基本法第9条第11 項に基づく障害者計画および障害者総合支援法第88 条第1項に基づく障害福祉計画として策定します。本計画は、当町における今後の障害者施策の基本方向を示すとともに、障害福祉サービス等の提供に関する具体的な体制づくりおよびサービス等を確保するための方策などを示す実施計画として策定します。

お問い合わせ

池田町役場(いけだまちやくば)法人番号(9000020204811)健康福祉課福祉係

電話: 0261-61-5000 ファクス: 0261-62-9441

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) town ikeda All Rights Reserved.